民間学童保育を利用すれば子供のケアも教育も万全です

サイトマップ

教育に力を入れる民間学童保育を知ろう

本を見る

民間学童保育には、独自の教育プログラムを用意しているという特徴があります。教育プログラムの内容は、それぞれの民間学童保育で違いが見られます。そこで実際に民間学童保育を利用したいと考えているのであれば、どのような特色がある環境が用意されているのかチェックするのも1つの手です。

人気が高い民間学童保育の1つが、英語特化型の環境になります。ネイティブ講師が常駐していて日常会話のレッスンや英語音楽に慣れ親しむなど、放課後の時間を英語漬けで過ごせる環境が整っています。英会話を習わせなくても、放課後の時間の中で自然と英語に慣れ親しむことができるということで注目されているのが、英語特化型の特徴です。

また進学塾と提携した民間学童保育も多く存在しています。進学塾と提携していることで、中学受験を見据えた教育環境を用意してもらうことが可能です。質の高い教育が提供されているので、子どもが勉強に遅れることなくしっかりと学習できるというメリットもあげられます。

さらに習い事に特化したタイプの民間学童保育も多く見られます。ピアノや書道、さらにはプログラミングなどの習い事をさせたくても、仕事が忙しくて対応できないという方もいるでしょう。学童保育と習い事が一緒になっていることで、さまざまな習い事をさせて子どもの可能性を広げていくことも可能です。

民間学童保育を選ぶときの注意点

公立の学童保育もありますが、民間学童保育を選ぶという選択肢もあげられます。民間学童保育には、公立よりも遅い時間まで預かってもらえる、教育プログラムが充実しているなどのメリットがあります。メリットを受けるために、民間学童保育を選びたいという方も多いのです。しかしメリットがある一方で、民間学童保育にはデメリットとなる注意点も存在しています。注意するべき点を把握したうえで、状況にあった選択ができるように考えていきましょう。

民間学童保育を選びたい場合に特に注意が必要なポイントとなるのが、公立学童保育と比較すると費用が高いという点です。公立学童保育は税金で運営されているため、保護者の負担額の相場は、家計にそれほど打撃を与えない程度であることが一般的です。一方で民間学童保育は、教育プログラムなどが充実していることで使用料が高く設定されています。月額5~10万円ほどかかることもあるため、費用負担の問題を考えたうえで利用を検討することが大切です。

また民間学童保育は、環境ごとに異なる教育プログラムを導入しているため、子どもと相性が悪い可能性もあります。相性が悪い環境を選ぶと、子どもに辛い思いをさせるかもしれません。親の理想だけで環境を選ぶのではなく、子どもの意見も尊重したうえで選択するようにしましょう。

民間学童保育ならではのメリットは何か

共働き世帯の親にとって、学校教育が終了した後の時間帯に子どもを預かってくれる学童保育は重要な存在です。費用が比較的安い公立学童保育もありますが、民間学童保育を選ぶ方も多くいます。では民間学童保育には、どのようなメリットがあげられるのでしょうか。

民間学童保育における最大のメリットといえるのが、時間の延長が可能だという点です。公立の場合だと18時くらいまでしか預かってもらえず、仕事で帰りが遅くなることが多い方は利用しにくくなっています。一方で民間学童保育の中には、22時頃まで預かってもらえるところもあります。延長が可能な施設が多く、仕事で帰りが遅くなることが多い方でも安心して利用できます。

また民間学童保育ならではのメリットの1つが、プログラムの内容が充実していることです。実は子どもを預かるだけではなく、英語やピアノなどの習い事のプログラムを用意しているケースも見られます。独自の教育カリキュラムを用意して、高い学力を目指す民間学童保育もあります。このように教育にも力を入れることで、公立学童保育よりも有意義な時間を過ごせる可能性が高いのです。展開しているプログラムは施設ごとに異なるので、把握したうえで検討するようにしましょう。

TOP